服用開始時 48才 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「多発性子宮筋腫」の方になります。

2年前に受けたMRI検査で「多発性子宮筋腫」と診断。
しばらくはピルを服用して様子をみていたが、ダルさなどの副作用が出たので中止したとのこと。
漢方薬で症状の進行が抑えられればとこちらにご相談に来られました。

筋腫としては「8㎝」が一つと、小さい筋腫が十数個以上確認されているとのこと。

自覚症状として「生理痛」「経血量の増加」「生理中のダルさ」「軽度異形成」が気になるとのことでした。

漢方薬の種類として

①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
③生理時の止血・補血作用のある粉の漢方薬

の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、経血量がいつもよりも減っていたとのこと。

漢方服用開始から2ヶ月、生理痛も緩和されてダルさもなくなっているとのこと。
経血量も以前のように少なくなっているとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、生理の状態が以前のように整ってきたとのこと。

漢方服用開始から5ヶ月、先月より経血量は多かったが体調は崩していないとのこと。
調子良く過ごせているとのことでした。

漢方服用開始から7ヶ月、寒さから経血が増えたような感じだったが体調は良いとのこと。
当初よりも生理時は楽に過ごせているとのことでした。

女性にとって冷えは大敵です。
血流を整えて冷えにくいカラダ作りを行っていくことも大切ですね。