服用開始時 42才 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「子宮筋腫」・「生理痛」の方になります。
 
2年ほど前に病院で検診を受けた所、「7㎝の子宮筋腫がある」と診断。
筋腫が徐々に大きくなっているので進行を抑えて症状が改善出来ればとこちらにご相談に来られました。
 
元々自覚症状はほとんどなかったのですが、今年に入り「生理痛」が酷くなり始め経血量も多くなってきたとのこと。
生理痛に対して痛み止めを飲むようになり、検診では筋腫が「10㎝」に大きくなっていたとのことでした。
 
又、子宮頸がん検診では「軽度異形成」の状態であり、HPVウイルスも「陽性」であることから将来的に癌になる可能性も心配とのことでした。

 
漢方薬の種類としては、
 
①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬
③ウイルスの活性を抑える煎じ薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。

 
漢方服用開始から1ヶ月、生理痛が軽くなり経血量がいつもより少なかったとのこと。
痛み止めを飲む事もなく、先月よりも過ごしやすかったとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、痛みを気にして生活する事が無くなってきたとのこと。

漢方服用開始から7ヶ月、腹部の張りはあるが痛みは出ていないとのこと。
以前では考えられないぐらい身体が軽くなって嬉しいとのことでした。

漢方服用開始から9ヶ月、生理時の症状が気になることなく過ごせているとのこと。

漢方服用開始から11ヶ月、以前のように生理痛が起こらなくなってきたとのこと。
体調も良く気持ちも楽に過ごせているとのことでした。

漢方服用開始から1年、痛みもお腹の張りもほぼないとのこと。
体調も良いとのことでした。

漢方服用開始から1年2ヶ月、体調も良いので漢方薬を少し減量して様子を見ることに。

漢方服用開始から1年4ヶ月、漢方を減量しても体調は良いとのこと。
異形成についても改善しているとのことでした。

徐々に症状が強くなって不安だった気持ちも改善されたようで安心いたしました。
このまま筋腫の方にも改善が見られるとなによりですね。