服用開始時 47才 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「多発性子宮筋腫」・「生理痛」の方になります。

4年ほど前に病院で検診を受けた所、「多発性子宮筋腫」と診断。
最近になり痛みが増えてきたので、こちらにご相談に来られました。

元々自覚症状はほとんどなく生理痛が少し重い程度、昨年頃から生理痛が強くなり「腰痛」「下腹部痛」「頭痛」も出始めたとのこと。
今年に入って受けた検診では、2つあった筋腫がそれぞれ「5㎝」「6㎝」に大きくなっていて、その他にも数個筋腫が確認されているとのことでした。

漢方薬の種類として

①筋腫を改善する煎じ薬
②オ血を改善する煎じ薬

の2種類を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、生理痛はあったが期間が短くなり先月よりも過ごしやすかったとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、生理痛や下腹部の重い感じはだいぶ楽になったとのこと。
先日病院で検査を受けた際に、1つの筋腫が「6㎝から5㎝に縮小していた」とのことでした。

漢方服用開始から6ヶ月、当初の生理痛に比べるとだいぶ痛みが無くなってきているとのこと。
基礎体温も安定しているとのことでした。

漢方服用開始から8ヶ月、今までで一番生理痛は落ち着いていて、風邪やフラつきなどもないとのこと。

漢方服用開始から10ヶ月、生理痛や腰痛、頭痛もなく過ごせているとのこと。

漢方服用開始から1年、全体的に調子良く過ごせているので、今回より漢方薬を減量して様子をみることになりました。

漢方服用開始から1年2ヶ月、漢方薬を減らしても調子良く過ごせているとのことでした。

悪化の傾向を辿ると言われていた中で縮小が見られて大変安心いたしました。
長く続けて頂いた事で「筋腫の悪化しにくいカラダつくり」も出来ていると思います。
この調子で改善が見られていくとなによりですね。