漢方薬で子宮筋腫の、症状・進行に悩まない生活を漢方薬で子宮筋腫の、症状・進行に悩まない生活を

子宮筋腫とは

子宮にできる良性の腫瘍です。悪性の腫瘍ではないので転移はしません。
30~40代の方に多く、3人に1人は子宮筋腫を持っていると言われています。
(更年期以降は子宮筋腫が小さくなる事が多いです。)
最近では20代で子宮筋腫を抱えている方も増えています。

自覚症状としては、

  • 過多月経
  • 貧血
  • 生理痛(月経困難症)
  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 頻尿、尿失禁、尿閉
  • 不妊

などを訴える方が多くいらっしゃいます。

子宮筋腫は女性ホルモンと深く関係しているため、
閉経後は症状の悪化や筋腫の進行がおさまるという特徴があります。

子宮筋腫の種類

  • 筋層内筋腫(全体の65%)

    子宮壁を構成する「平滑筋」の内部に発生する筋腫

  • 漿膜下 しょうまくか 筋腫 (全体の20%)

    子宮の外側に発生し、外に向かって大きくなる筋腫。稀にキノコのように発生してしまう筋腫もある

  • 粘膜下筋腫(全体の10%)

    子宮内(内膜上)に発生する筋腫

  • 頸部筋腫(全体の数%)

    子宮の入り口付近に発生する筋腫
    (子宮に様々な種類の筋腫が発生する状態を「多発性子宮筋腫」という。)

漢方薬で子宮筋腫を改善

漢方薬の服用で期待できる子宮筋腫の改善には、以下が期待されています。

  • 症状の改善

    生理痛、下腹部痛、筋腫に伴う様々な痛み、月経過多、目眩や動悸、立ち眩みなどの症状が改善されます。

  • 筋腫の進行を抑制

    一般的に生理がある間は筋腫が悪化の傾向をたどります。
    漢方薬で筋腫の進行を抑制します。

  • 筋腫が発生(悪化)しにくいカラダづくり

    筋腫の発生(悪化)は食生活、血流、冷え、ストレスなども大きく関わると言われています。太陽堂では漢方薬+その方に合わせた日々の過ごし方にもアドバイスをさせていただきます。筋腫が発生(悪化)しにくいカラダを目指しましょう。

太陽堂でお出しする漢方薬

太陽堂では、まず「筋腫の勢いを抑える」「血の滞りを取る」漢方薬をお作りします。
更に、ひとりひとりの体調や体質、お悩みのタイプに合わせて漢方薬を選別いたします。
生理痛でお悩みの方には、「生理痛の時に飲む漢方薬」といったように細かなご提案までさせていただきます。

  • 生理痛、下腹部痛でお悩みの方へ

    主に子宮内膜、筋層内にある筋腫が進行すると起こりやすい症状。
    この場合には主に、「痛みを抑える」「血流を整える」漢方薬を選別いたします。

  • 月経過多・貧血にお悩みの方へ

    筋腫の発生から長い年数が経過してくると起こりやすい症状です。
    この場合には主に、「過剰な出血を抑える」「不足した血を補う」漢方薬を選別いたします。

  • 自覚症状はない、
    でも将来進行すると言われて不安な方へ

    初期の子宮筋腫、または子宮の外側にある筋腫の場合に多いお悩みになります。
    この場合には主に「体質を整える」漢方薬を選別いたします。

  • 不妊でお悩みの方へ

    筋腫は不妊の原因になることも。
    この場合には主に、「子宮内を整える」漢方薬を選別いたします。

Point

太陽堂の子宮筋腫に対する考え方

  • 大きさが何センチ以上だと危険・・・
  • この筋腫、どうにかして消えないかな・・・

子宮筋腫に悩まれる皆様はこのようにお考えではないでしょうか?
不安な気持ちは痛いほど分かります。
しかし、太陽堂は筋腫の大きさ・消失が全てではないと考えております。

辛い症状が無くなること

筋腫の悪化や進行を抑え、
体質改善を行うこと

この2点を重要視しています。

子宮筋腫は、体質を整えながら症状や進行を抑えていくことで
『筋腫が体内にあっても、身体に悪さをしない』状態になります。
お客様ひとりひとりに寄り添い、一緒にお悩みを解決できればと考えております。

ご予約&お問い合わせはこちら

お客様の声

『多発性子宮筋腫・生理痛』(47才)の方のご紹介です

「生理時の痛みがとてもつらい・・・」
「鎮痛剤も効果がなくなってきて、どうしたらいいの・・・」

最初は、今まで感じなかった生理時の痛みが徐々に出てくるようになったので、「体質が変わったのかな?」と考えていたそうです。しかし日に日に痛みは強くなる一方で、不安になり検診を受けたところ、多発性子宮筋腫との診断。
病院では鎮痛剤で様子を見ながら、ひどくなったら手術も考えましょうと言われて経過観察でした。鎮痛剤を飲み始めたころは痛みが治まっていたのですが、だんだんと効きが悪くなり「このままで大丈夫かな」という気持ちが大きくなっていったそうです。「少しでも改善したい」という思いから太陽堂にご来局いただきました。直近の検診では、2つあった筋腫がそれぞれ5~6㎝に大きくなっていて、その他にも数個筋腫が確認されている状態。

太陽堂では、まずは症状を抑えて、体質を整えていくことが大切だと考え、
『太陽堂独自の生理時の漢方薬』
『筋腫の進行を抑える漢方薬』
の2種類を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬を服用開始から3ヶ月、生理痛がだいぶ楽になっている。6ヶ月目には当初の生理痛に比べて、大幅に痛みが無くなってきているとのことでした。また病院の検査結果では、筋腫が一個、6cmから5㎝に縮小していたそうです。

漢方薬の服用開始から1年、「とても調子良く過ごせている」という嬉しい報告をいただいたので、漢方薬を減らして様子をみることに。悪化の傾向をたどると言われていたなか、症状の改善がみられ大変安心しました。

症状がない日々を送れていることへ喜びのお声をいただき、大変嬉しく思います。
これからもお身体を良い状態に保てるよう、漢方薬や養生のアドバイスをさせていただきます!

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

『多発性子宮筋腫・貧血』(50才)の方のご紹介です

「経血量が多い・・・」
「貧血でめまいがして、ずっとカラダがだるい・・・」

30代の頃から病院で定期的に検査を受けており、健康には気を配ってたお客様。しかし30代後半の検診時に、医師から小さい子宮筋腫が何個かあると診断されました。サイズが小さかったので経過観察で様子をみていましたが、「経血量が増えてきたのが気になる」とのことで再度検査したところ、多発性子宮筋腫との診断。「進行していた筋腫の悪化を抑えたい」「手術はしたくないけど、症状は緩和したい」というご相談で太陽堂へご来局いただきました。
ご来局時、筋腫のサイズは5.5㎝が1個、他にも小さいのが何個か確認されている状態で、症状は・月経過多による貧血・下腹部の張りと違和感がでていました。

太陽堂では、出血による諸症状を改善していくことが最優先だと考え、
『過剰な出血を抑えて血を補う漢方薬』
『筋腫の進行を抑える漢方薬』
を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬を服用開始から3ヶ月、経血量が落ち着き腹部の張りがなくなっている。血液検査では貧血の数値も改善して、とても調子よく過ごされているとのことでした。「経血が落ち着くと、こんなに楽になるんだ」と、お喜びの声をいただき私も嬉しく思います。
比較的早めに漢方薬の効果を実感いただいた方になります。
体調が良くなり、改めて今の状態に驚きと喜びを感じて、養生を続けていただいております。

お客様がご自身の状態の良さに、驚きと喜びを感じてくれてくれました。
漢方薬の効果も早くでてくれて安心しました。これからも養生は忘れずに!

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

『多発性子宮筋腫 経過観察中』(48才)の方のご紹介です

「症状はないけど、なんとなく将来が不安・・・」
「経過観察中にも何かできることはないだろうか・・・」

2年ほど前から経血量に変化が出てきて、ずっと気になっていたお客様。不安に思い病院で検査を行ったところ、医師から多発性子宮筋腫と診断。今は経過観察でも大丈夫ですよ、と医師から言われていたそうですが、「放っておけば進行してしまう」と不安を抱かれていたとのことです。
「何か少しでも筋腫の進行を抑える手段はないか」というご相談で、太陽堂へご来局いただきました。

ご来局時、5~6㎝の漿膜下(しょうまくか)筋腫が1個、他にも小さい筋腫が8~9個確認されている状態で、症状では
・経血量の増加
・自覚症状無しの貧血
がありました。

ご相談に来ていただいたところお身体の状態に、瘀血(おけつ)※がみられました。
※「瘀血(おけつ)」とは、東洋医学の言葉で、体内の血の巡りの悪さ・滞っている状態のことをいいます。
太陽堂では、体質を整えることが今後の悪化を防いでいくことが大切と考え、
「筋腫の進行を抑える漢方薬」
「瘀血を改善する漢方薬」
を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬を服用開始から3ヶ月、経血量が落ち着き、検診では貧血も改善。6ヶ月後に再検査したところ、筋腫の進行はみられませんでした。また、「血流が整い以前より身体がポカポカして温かくなった」とお喜びの声をいただきました。
筋腫の進行を抑えるだけでなく、体質の変化も実感していただいた方になります。

子宮筋腫は対処せずにいると、症状の進行や筋腫の悪化も早く進行します。症状の軽いうちからの対策が大事なポイントです。これからも油断せずに、しっかりと養生を続けてくださいね!

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

『多発性子宮筋腫 不妊』(42才)の方のご紹介です

「不妊治療もあまり効果がない・・・」
「なんとかして妊娠したい・・・」

数年前から不妊治療に取り組んでいたお客様。なかなか授かることが出来ず、「なにか原因があるのでは?」と考えるようになり病院で検査を受けたところ、多発性子宮筋腫との診断。「なんとしても妊娠したい」という強い想いから太陽堂にご来局いただきました。
ご来局時には、筋腫として10cmが1つ、他にも小さいのが3〜4つほど確認されている状態。

太陽堂では、筋腫を摘出した後で妊娠に向けた身体作りを行うことが最優先だと考え、アドバイスさせていただきました。

病院での手術後、体調も落ち着いて来たとのことで再び太陽堂にご来局。
お身体の状態から、
『血流や子宮の働きを整える漢方薬』
を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬を服用開始して2ヶ月、術後の不正出血や痛みもなく生理が順調にきているようで、病院では排卵も確認でき、採卵を行ってきたとのこと。4ヶ月目には体外受精を行い、無事に妊娠したとのご報告も。
長く妊活に取り組んでいた経緯があるので「こんなに早く妊娠できると思わなかった」と驚きのお声をいただきました。

赤ちゃんを望む想いが実を結んで、大変嬉しく思います。
出産後も筋腫が再発しない身体作りを目指して、漢方薬や養生をお伝えしていきますね!

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

ご予約&お問い合わせはこちら

よくある質問

  • Q1. 漢方薬によるメリットデメリットはありますか?

    A1. 漢方薬のメリットは、「筋腫の進行を抑える」、「諸症状を改善していく」ことや「筋腫の出来にくいカラダにしてくれる」ことです。
    デメリットは、効果の高い煎じ薬をオススメした場合、お薬を作るのに少しお手間がかかります。

  • Q2. 本格的な漢方薬は高いとお伺いしました。おいくらくらいでしょうか?
    また、保険は適用されますか?

    A2. 1週間あたり5000円からが目安になります。厳選した良質・希少な生薬を使用しているためとお考えください。健康保険は適応外になります。

  • Q3. 漢方薬は効果が緩やかと聞きましたが本当ですか?

    A3. そんなことはありません。子宮筋腫からくる諸症状に関しては、早い方で1~2ヶ月で効果を実感される方が多くいらっしゃいます。慢性的な体質の改善などには長期的な服用を見て頂いております。

ご予約&お問い合わせはこちら

このページの先頭へ戻る